現在位置:ADSL・光インターネット接続のYahoo! BBYahoo! BB活用ガイドブロバイダ乗り換えの注意点プロバイダの乗り換えで気をつけるべき3つのポイント

プロバイダの乗り換えで気をつけるべき3つのポイント

ブロバイダ乗り換えの注意点

プロバイダの乗り換えで気をつけるべきポイントプロバイダの乗り換えには、いくつかのタイミングがあります。
引っ越し・住居のリノベーションなどに伴って回線変更を行った方や、パソコンやタブレットなどを新規に購入する際に適用されるキャンペーンを見て、プロバイダの乗り換えを検討されたという方も多いでしょう。

ここでは、そんなプロバイダの乗り換えの際に気をつけるべきポイントについてご説明します。

プロバイダの乗り換え時に確認しておくこと

プロバイダの乗り換えを行う場合は、新しいプロバイダへの入会と、旧プロバイダの解約を行う必要があります。
そのため、プロバイダから提供されているメールアドレスを使用している場合、乗り換え後は旧プロバイダのメールアドレスが使用できなくなってしまいます。

これと同様に、IP電話を使用している場合は、従来の番号が使用できなくなります。
通常の電話番号と異なり、IP電話番号は同一の地区内でも変更が必要です。
また、プロバイダの乗り換えに伴い、再度開通工事や撤去工事が発生する場合があります。

工事期間中はインターネットを使うことができないため、工事日を調整する必要があるでしょう。 さらに、モデム機器を返送する場合や、タイミング等によっては解約金を支払わなくてはならない場合もあります。

契約期間などの詳細をよく確認してから、乗り換えを決めることをおすすめします。
必要以上の費用をかけないためにも、事前によくチェックしておくことが大切です。

引っ越し先によってはサービスを継続できる

引っ越し先によっては、転居前に使用していた回線サービスを継続して使えることもあります。
また、ADSLから光回線への変更を行う場合でも、プロバイダが同一であれば、入会コースを変更することで従来通りのサービスを継続することが可能です。

光回線への変更を検討されている方は、乗り換えではなく、プロバイダの入会コースを見直してみてください。
なお、都市部から地方へ転居される場合、ワイヤレスサービスの通信速度が遅くなるケースがまれにあります。 ワイヤレスサービスをお使いの方は、事前によく確認するようにしましょう。

各社の特徴を踏まえてプロバイダを選ぶべき

プロバイダのサービスは、会社によりそれぞれ特徴があります。
例えば、IP電話と携帯電話間の通話が24時間無料になるもの。

この他にも、自宅内外を問わずWi-Fiに接続可能、メールボックスの容量が無制限、独自コンテンツを優待価格で利用できる、などさまざまな特徴があります。
乗り換えの際は料金やキャンペーンばかりに目が向きがちですが、自分のライフスタイルに合ったプロバイダを選ぶことが大切です。

「3つのポイント」まとめ

1、新・旧プロバイダの契約内容を確認。
必要以上の費用をかけないために契約期間や工事の有無を事前に調べましょう。

2、引っ越しの場合はサービスが継続できるか確認。
引っ越し先によっては、転居前に使用していた回線サービスを継続して使えることもあります。

3、料金・キャンペーン以外の「特徴」を確認。
プロバイダのサービスは、会社によりそれぞれ特典などに特徴があります。

以上のポイントを参考に自分の環境にあったプロバイダに乗り換えましょう。

プロバイダを乗り換えるならセット割引サービスでお得なYahoo! BBに!

本文はここまでです このページの先頭へ